第8回ネット小説大賞の一次選考に通ってた

2020年4月12日小説投稿記小説家になろう

こんにちは、しろもじです。

風邪が一進一退な状態になっています。「お、調子がいいぞ」と思った数時間後には「はぁ、はぁ……熱っぽい……」みたいな感じになってて、なんだかよく分からない状態です。歳なんでしょう。

さて、今日はご報告です。

当サイトの「小説投稿記」の記事で何度も書いてきましたが、小説家になろうの「第8回ネット小説大賞」に『冒険者あがりの魔王さまは、仲間たちと優しいダンジョンをつくりたい!!』を応募しておりました。

体調不良ですっかり忘れていたんですけど、ふと昨日晩に「そろそろじゃなかったっけ?」と気になり見てみました。10日に発表されており、驚くことに一次選考は通っておりました!

スポンサーリンク

経験値として素直に嬉しいし感謝

何分、まだ頭がぼけているので「あれ、これは間違いじゃないのか」と何度も確かめたんですけど、多分合っているっぽいです。

総応募数9316作品中、一次選考通過が974作品ですから通過率は10.45%。約10作に1作が通過しているという計算です。結構多い……のかな?

私自身、コンテストをまとめてみたり、投稿サイト関連の記事を書いたりしているわけですけど、実は本格的にコンテストに応募した経験って少ないんですよね。

カクヨムコンに1回、あと別のコンテストに1回くらいです。

ですので、時折コンテストなどについて「どうしたらいいでしょう?」のようなお問い合わせを頂いたりするのですが、お答えしにくい状態でした。

もちろん、まだまだコンテスト応募のプロ(って良いのか悪いのか分からないけど)と胸を張れるほどではありませんが、ひとついい経験になったかな、と思っています。

テレレレッテッテッテー!「しろもじはレベル2になった!」

こんな作品で通ったよという話

まだざっくりしか見ていないんですけど、ちらほらカクヨムやTwitterなんかで見かけた方々のお名前もあったりして、一人で「おぉぉ」と盛り上がっています(ベッドの中で)。

この後は4月下旬の二次選考、5月下旬の最終選考通過、7月上旬の最終結果となっていくわけですけど、謙遜でも何でもなく「一次選考止まりだろう」というのが、自分の小説を主観的に見ての感想です。

いつもは「いえいえいえ、私なんて私なんて」と謙遜を具現化したような私ですが、今回は素直に喜んでおいた方がよいように感じました。9,000を超える参加作品に対して、過剰な謙遜は失礼ですからね。

まぁだからと言ってドヤ顔するほどでもないわけですけど……。

一応今後のために、小説の情報を最後に記載しておきます。

ジャンル   :ハイファンタジー
総話数    :42話
総文字数   :156,663字
PV     :4,230
感想     :2件(内1つは公式感想)
レビュー   :0件
ブックマーク :15件
評価人数   :2人
評価ポイント :44P

ブックマークは最大17で、更新を止めてからは16、今見たら15になっていました。

全部を見たわけではありませんが、通過者の中では低ポイントの部類に入るのではないでしょうか。高ポイントで通過の方がいいわけですが、低ポイントでもちゃんと通過できているのは、応募者にとっては「しっかり見てくれている感」があっていいような気もします。

投稿ペースは、2020年の1月2日より投稿を開始して1月26日までは毎日更新。以降、毎週更新をしていくものの、3月15日で更新を停止という感じです。

少しでも参考になれば。

という感じで、とりあえずのご報告などでした。

ネット小説大賞の進捗って小説家になろうの方には載っていないので、私と同じく忘れてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。応募されている方は、一度確認してみた方がいいかもですね。

さて、それではとりあえず退職届でも書きましょうか。

追記

当たり前ですが二次選考は無事落ちておりました。

ギリギリのところで退職届の提出を踏みとどまれててよかったと思います。

[合わせて読みたいおすすめリンク]