『物書きたちは譲らない!』最終第33話の投稿のお知らせ&大反省会会場

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

カクヨムに『物書きたちは譲らない!』の第33話「待ってるって思ってたの?」を投稿しまして、ようやく完結となりました。

文字数にして116,525文字。

以前「12万字」と書いたのですが、どうも調べてみるとScrivener3は、少し多く文字数が表示される模様? 今回で約4,000字の差があるので、1話辺り120字ほどの誤差が出ています。

まぁ、空白行を含むかどうかの処理かもしれません。またちょっと調べてみます。

『物書きたちは譲らない!』大反省会会場

今回は「完全に完結してから」の投稿なので、いつものように「あーしとけばよかった」という言い訳はできません(笑)。

まぁ、それでも、今改めて読み返してみると「あー」と思うことはあります。

皆様から頂戴した、応援コメントや、その他のやり取りなどから、新しく気づくということも多いですし。

 

一番の反省点は「もうちょっと小説を書く、という苦しさ、楽しさを深掘りしたかった」というところです。

頂いた応援コメントの返信でも書いたのですが、登場人物6人(+1名)というのは、ちょっと多すぎたかも。

いや10万字クラスの小説であれば、そんなに多いわけではないのですが、メインは夏帆と遼太郎にしつつも、それぞれが主人公みたいな書き方をしてしまったので、絶対的に説明不足、描写不足になっている……と思っています。

 

また、ストーリー的にも、前作『家族編集部』では「コンテストに向けて頑張る」という形式だったのに対し、今回はそれをしつつ、メインをそれ以外に置いてしまう、ということをしてしまったので、もしかしたら「何が言いたいのか分からない」ということになっている可能性があります。

 

他にも色々、小姑のように言いたいこと、書きたいことはあるのですが、まぁ折角完結したのに、悪いことばかり言っててもしょうがないので、この辺にしておきます(笑)。

前にも書きましたが「投稿した小説をあとで見直してみて、反省点が分かる」というのは、決して悪いことじゃないとは思っています。

「うん、力作だ。素晴らしい! どこにも欠点なし!」

と言い切れれば、それはそれで素晴らしいことですが、それは言い換えれば「もう成長してない」ということにも繋がりますからね。

 

最後になりましたが、読んでいただいた皆様、応援していただいた方々、ありがとうございました。

これから読んでいただける方、どうぞ厳しいご意見を頂ければ、と思います。ビシビシ。

 

次回作は「書きながら投稿する」スタイルに戻しますので、近い内に投稿できるかと思います。