『きみとぼくのダンジョン再建記』第13話、第14話投稿のお知らせ|「戦闘シーンって難しい」

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

お盆、いかがお過ごしでしょうか? 田舎に帰省したり、どこかに遊びに行ったり、私のように一日中机の前に座っている方も……いるのかな?(笑)お仕事をされている方もいるでしょう。お疲れ様です。

さて『ぼくときみのダンジョン再建記』の第13話「一緒にやろうよ」と第14話「まぁ見てろって」をカクヨムに投稿しました。

明日から〆切まで13日。

今日の更新で14話。目標が30話。残りが16話。うーん、余裕を持ちたいと思っているので、もうちょっとペースを上げたいところです。

幸いにもストックは

29話まであるので、しばらくは2話/日投稿できそう。

読み返しと修正のペースを上げて、〆切ギリギリにならないようにしたいところです。

さて、今日も上に書いたように1日、とは行きませんでしたが、主に午前中小説を書いていました。

バトルシーンが難しい

ちょっとだけネタバレになりますが、29話に戦闘シーン(バトルシーン)が登場します。

小説冒頭の2話から4話辺りでもキョーコとバルバトスの戦闘シーンがあったのですが、今回は1話だけです。

しかし、書いてて思ったのですが「戦闘シーンって苦手だ」と。

2話〜4話のときもそうだったのですが、あのときは戦闘以外のシーンも書いていたため、比較的楽でした。

しかし、今回の29話はほぼ丸ごと戦闘シーンになります。

そして、書くのに時間がかかることかかること(笑)。

朝から書いていたんですけど、結局2時間くらい1話に費やしていました。

 

カクヨムに掲載されている小説でも、戦闘シーンのあるものは多く、読ませて頂いているときには「なるほど、こうやって書くんだ」と感心したりするのですが、いざ書こうと思うとこれがなかなか……。

「5行書いて、3行戻る」みたいになるんですよね。

何がどうなっているか、分かるような描写。スピード感のある描写。それを両立させたいと思っているんですが、それが本当に難しい。

 

同じような動作が入ってくると、ますます難易度が上がり「別の表現で書かなくちゃ」と思うものの、それも冗長になってはいけないとか考えたりで、途中で「あーもう! この辺は動画で解説したい!」とか思ってしまいます(笑)。

戦闘シーンだけ、アニメ。そんな小説も出てくるのでしょうか? まぁ、それはそれでハードル高そうですけど。

 

そんなわけで「戦闘シーンは苦手だ」と、思った話でした。

「得意なシーンはあるの?」とかは聞かないで下さいね(笑)。