検定試験、台風とブログおまけに小説【創作日記101119】

小説投稿記創作日記

台風19号が迫っています。

個人的には幸いにも少し逸れてくれたお陰で、明日の自動二輪の検定への影響は少なそうですが、関東地方付近に明日にも上陸すると予報が出ていますので、進路上にお住まいの方は(もちろんそれ以外の方も)十分お気をつけ下さいませ。

明日は土曜日ということもあってお休みの方も多いかと思いますが「仕事だよっ!」という方もいらっしゃるかと思われます。普段は「勝手な判断をしないで!」という会社も、こういうときばかりは「自分の判断で出社して下さい」とにべもない対応をしたりするので、社会人としては「その判断が果たして台風から身を守るためのものなのか、それとも今後の会社での立場を決めてしまうものなのか?」という辺りで板挟みになってしまいそうです。辛いところですよね。

一日くらい休みにしたっていいじゃないか、とは思うのですが、誰か無理に出社して亡くなったりしないと変わらないのでしょうか。

スポンサーリンク

明日はバイクの検定試験

さて岡山は台風の直撃はま逃れたものの、先程天気予報を見てみたら午前中は雨は振らないものの、風速が9〜10mくらいはあるらしいのです。それがどのくらいかはイメージでしか分からないのですが、恐らく「ちょっと風強いなぁ」程度ではないかと想像しています。

今日、教習所に聞いたら「警報が出ない限りやる」とのことで、まぁそりゃそうかという感じです。私としてもさっさと終わらせてしまいたいのですが、やはり風の影響は気になるところ。まぁ免許を取って公道を走るようになると「風のせいで事故りました」という言い訳はできないわけですから、頑張るしかないところです。願わくば苦手な一本橋で落ちそうになったときに、逆向きに突風が吹きますように。

検定試験自体は既に私ができることはあまりありません。後は検定のコース候補を覚えるくらいです。明日朝にも30分くらい覚える時間がもらえるそうなので、そこまで詰め込まなくても大丈夫そうです。

ですがそうは言っても、ブログに時間をかけたり小説を書いてみようかという気にはならないんですよね。

昔からそうなのですが、気持ちの振り分けというか「それはそれ、これはこれ」というのが苦手です。検定が気になっている状態で、小説やブログの文章を深く考えたりするのはできないんですよ(この文章はそれほど考えていないので書けています)。

これは性格なのかもしれませんが、人によってはパパッと切り替えていける方もいらっしゃるので、そういう方を見るたびに羨ましく思ったりします。

ですが何事にも良い面があれば悪い面があり、言い換えれば良い悪いの問題ではないとも取れますよね。ただ単に「そういう性格なのだ」という話であって「どっちの性格の方が良い」ということではないということです。

……ということを考えながら、心を鎮めているわけなのです。

ちなみに小説の方は『きみとぼくのダンジョン再建期』の週末投稿分が、以前に書いたように1,000字ちょっと書けているだけです。今週は教習所に行きっぱなしで、なかなか時間を取れませんでした。

明日無事に検定が終われば、午後から一気に書きたいと思っています。落ちたら……それはそれで気持ちも落ち込んでしまいそうですが、なんとかしたいところです。ちなみに検定の自己判断での合格率は、一本橋さえ落ちなければ100%受かると思っています。一本橋は落ちたら終わりなので、総合的な合格率は50%といったところでしょうか。

[合わせて読みたいおすすめリンク]