【カクヨム・小説家になろう】王立勇者育成専門学校総務課 第20話「積み上げてきたもの」

2017年11月22日小説投稿記小説家になろう, カクヨム, 王立勇者育成専門学校総務課

最近新陳代謝が落ちてきているのか、めっきり寒さに弱くなってしまいました。こんばんは、しろもじです。

昔は夏の方が苦手だったんですけどねぇ。最近は冬が辛くて仕方ないです。

 

さて、カクヨム・小説家になろうに王立勇者育成専門学校総務課 第20話「積み上げてきたもの」を投稿しました。

マックスたちと別れた結衣たち。再び合流するために上流の橋を目指すが、そこで……。

よかったらご覧下さいね!

PV 前日 本日
カクヨム 135 138 3
小説家になろう 681 702 21

今日はね、PVはサラッといきます。お読み頂いた方、ありがとうございます!

 

やっと20話ですね。文字数にして39,000字ですよ。一話辺り約2,000字かぁ。ちょっと少なめですね? この前ツイッターでちょっとお話した方も「大体一話2000字」っておっしゃっていました。

で、色々考えていたんですけど、今のところ

  • 一話2,000字から3,000字が適切というのは間違いじゃない
  • しかし、その中で話が進まないとしたら、それの方が問題

と思っています。かと言って、一話1万字なんてことにすると、それは長すぎな気もするので、ある程度山を作る必要があるのかなと思っています。

そう考えると週漫漫画(ジャンプとかマガジン)って、結構参考になりますよね。媒体が違うので一概には比べられませんが、Web小説は既存の小説よりも、週間漫画を参考にしてみた方がいいように思えます。

でも、文字ベースで2,000字から3,000字が、週間漫画の一話に相当するのかという問題もありますね。もっと長い方が良いのか。もしくは短いほうが良いのか。また、ちょっと考えてみましょう。

 

話は変わって、またこの話で大変恐縮なのですが、Amazon Echo来ません。あぁ、違う違う。招待メールが来ませんだった。

私の密かな予想では、週明け早々と思っていたのですが、既に水曜日が終わりそうです。以前ブログにコメントをくれた「Twitterで招待メール検索してる人」さんは、アマゾンのサポート体勢を指摘されていました。

これは説得力のある話ですよね。でも、もしそうなら1週間(今日でちょうど1週間)では無理なんでしょう。仕方ないのでもう1週間くらい待ちましょうか。というか待つしかないんですけどね(笑)。

 

そんな感じで、懲りずに色々見て回っていたら、またしてもTech Crunchで面白い記事を見つけてしまいました。

な、なんだってー!

 

かつてiPhoneにも設定されたことがある(あったよね?)「PRODUCT(RED)」。これを買うと、購入代金の一部がエイズの撲滅のために使われるとかいうやつです。

うん、趣旨は理解できるし、実に良い活動だと思います。大切だよね、そういうの。儲け儲けだけじゃなくって、ちゃんと社会貢献もしていますよと。とても偉いです。

 

でもさ、

 

「ええい、レッドはいい! 普通のEchoをよこせ、EchoのDotを!!」

 

と、思わず画面を握りしめて叫んじゃいそうになっちゃいましたよ? まぁ実はこの記事、日本の話じゃなくって、米国のことらしいんですけどね。

というか、これでますます「在庫はあるんだ説」が有力になってきましたね。やっぱサポート系かな。

私サポート要らないから。自分でなんとかするから。

って言ってもダメなんでしょうね(笑)

 

というか、最近ネットで「開封の儀」やら「使ってみた動画」を見すぎて、もはや全然「新しいもの感」がなくなってしまっているんですけど。

同じ思いの同士は多いハズ。

[あわせて読みたいおすすめリンク]