Amazon Musicを聴いてSONOSポータブルスマートスピーカーが当たるキャンペンが実施中【2020年3/31まで】

雑多記事amazon,Amazon Music Unlimited

恒例の「Amazon Musicで音楽を聴くとプレゼント!」のキャンペーンが実施中です。

スポンサーリンク

Amazon Musicを聴いてSONOSポータブルスマートスピーカーが当たるキャンペン

©Amazon.co.jp

キャンペーンの概要は以下の通りです。

応募期間 :2020年3月11日 0:00〜2020年3月31日23:59
対象者  :Amazon Music Unlimited会員、Amazonプライム会員、Prime Student会員
参加方法 :キャンペーンページを見た後で、音楽を聴くだけ。1日1エントリ

今回当たる商品はSONOSのスマートスピーカー。

■SONOS MOVE ポータブル スマートスピーカー WI-FI BLUETOOTH 対応 ALEXA搭載
 20名様

■SONOS ONE (GEN2) ボイスコントロール対応 スマートスピーカー WIFI接続 ALEXA搭載
 50名様

■SONOS BEAM コンパクトスマートTVサウンドバー ALEXA搭載 音楽ストリーミングサービス対応
 50名様

やっぱSONOS。結構なお値段がしています。一番お求めやすい「ONE」ですら2万円代という。

貧乏人の私にはちょっと手が出ない価格帯……。

その分「使ってみたい感」はかなり高かったりします(笑)。そろそろこのキャペーンにも当選しても良い頃……だと思うんですけど、運のなさにかけてはかなりの自信ありなので、まぁうん……。

Amazon.comでは10万人の雇用を増やすらしい

この話とは関係ないのですけど、米Amazon(Amazon.com)では新型コロナウイルスによる需要増により(つまり「買い物行きたくねー」で通販増えたらしい)10万人の雇用を増やすらしい。

フルタイム、パートタイムとして10万人のポジションを作ると言う話ですけど、まぁこの辺りはアメリカの雇用の流動性の良さを示しているのかな、と。

F1アメリカGPを開催予定のCOTAではレイオフが進んでいるらしいですし。

散々当サイトでも言ってきたことですけど、経団連もトヨタも「終身雇用はもう無理」と言っているので、今後日本も似たような状況になっていくんでしょう。

ただ解雇はできても10万人の雇用を一気に増やせる企業があるのかどうかは分からないですけどね(人口比的なことを考えれば3万人程度かな)。

最近こういう経済学というか、雇用と企業、経済の話に結構はまっていて、そういうのを題材にした小説をいつか書きたいなぁ、と思ったり思ってなかったり。

[合わせて読みたいおすすめリンク]