『ドメスティックな彼女』【1話感想|2019年冬】

2019年2月9日雑多記事amazon, アニメ

2019年の冬アニメ。その中から1話観たものをピックアップしていく記事になります。

今回も漫画が原作のアニメ『ドメスティックな彼女』を取り上げます。

スポンサーリンク

『ドメスティックな彼女』基本情報

公式サイト

PV

キャスト・スタッフ

■スタッフ

原作           :流石景
監督           :井端翔太
シリーズ構成       :高橋龍也
キャラクターデザイン   :井出直美
美術監督         :魏斯曼
美術設定         :高橋麻穂
色彩設計         :林由稀
撮影監督         :伊藤康行
編集           :小島俊彦
音響監督         :立石弥生
音響制作         :ビットプロモーション
音楽制作         :フライングドッグ
音楽           :甲田雅人
アニメーション制作    :ディオメディア

■キャスト

橘瑠依          :内田真礼
橘陽菜          :日笠陽子
藤井夏生         :八代拓
柏原もも         :住村はるか
葦原美雨         :小原好美
栗本文哉         :江口拓也
藤井昭人         :肥田辰男
橘都樹子         :日野由利加
柾岡悠弥         :益山武明
木根和志         :梶原岳人
桐谷怜士         :緑川光
萩原柊          :平川大輔
小林昌樹         :津田健次郎       

Music

■オープニングテーマ

『カワキヲアメク』美波

■エンディングテーマ

『わがまま』瀧川ありさ

※2019年3月6日発売予定

視聴方法

Amazonプライム・ビデオにて視聴。

[地上波]

  • MBS
  • TBS
  • BS-TBS
  • AT-X
  • ITV
  • ATV

[配信サイト]

  • Amazonプライム・ビデオ

一話感想

いつも通り原作は未読です。

とは言っても『ドメスティックな彼女』というタイトルは聞いたことがありました。

ドメスティックという名前から「シスコン的な? もしくはブラコン?」というイメージ。もしくはドメスティックと言えば「バイオレンス」と浮かぶので、なんとなくそういう系のイメージも。

全然違いましたけどね(笑)。

主人公が好きな学校の先生、そして合コンで知り合い(今でも合コンって言うんですよね?)「ついやっちゃった」女の子。

その二人と……という話ですね。ネタバレがあるので、このくらいしか言えません。

正直な所、あまり期待はしていませんでした。

前回ご紹介した『五等分の花嫁』も同じ気持ちで視聴したのですが、こちらは先程書いたイメージから「なんかドロドロした暗い話」をイメージしてしまっていたんですよね。

ストーリー的には、確かに軽くはない話です。

でも実際の所、アニメ版はそこまで重く描写されていません(原作は分かりません)。

恋愛系のドロドロしたのは決して嫌いではないのですが、疲れるんですよね……。

知り合いにもそういうドロドロした恋愛をしている人がチラホラいたりして(こう書くと、私のことのように聞こえますが違います)それを想像してしまって、複雑な感情になってしまいます。

まぁ、とは言えです。

現実世界ではそういうことはよくあること。

むしろ、恋愛小説にあるような「純粋でキレイな恋愛」の方が珍しいわけです。

だからこそ、そういう需要があるとも言えますけど。

少し補足しておきますが「テレビドラマ」のようなドロドロではないです。

4話までしか観てないのでまだ先は分かりませんけど「純愛ではないが、純愛っぽい」という感じです。

個人的にはお姉さんの陽菜さんより、瑠依ちゃんの方が面白いキャラクタだとは思うのですが……。

と書きながら、公式サイトのキャラクタページを見てたら、まだ未登場のキャラクタがいるようですね。

と言うことは、もっと入り組んでいくのでしょうか……。

いずれにしても、毎週楽しみにできるアニメだと思います。

上の情報欄にも書いていますが、配信サイトが少ないのが欠点でしょうか。

まぁ地上波で観ればいいだけですけど。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]