『フルーツバスケット』【2019年春アニメ視聴】

雑多記事dアニメ, アニメ

2019年春アニメ、4作目に紹介するのは『フルーツバスケット』。

いつもならこの手の作品は回避するのですが……。

その他のアニメの感想記事は「アニメタグ」からご覧いただけます。

スポンサーリンク

『フルーツバスケット』基本情報

公式サイト

PV

キャスト・スタッフ

■スタッフ

原作・総監督         :高屋奈月
監督             :井端義秀
シリーズ構成         :岸本卓
キャラクターデザイン     :進藤優
美術監督           :神山瑶子
色彩設計           :菅原美佳
撮影監督           :設楽希
編集             :肥田文
音響監督           :明田川仁
音楽             :横山克
音楽制作           :トムス・ミュージック
アニメーション制作      :トムス・エンタテインメント
製作             :フルーツバスケット製作委員会

■キャスト

本田透            :石見舞菜香
草摩由希           :島崎信長
草摩夾            :内田雄馬
草摩紫呉           :中村悠一
草摩楽羅           :釘宮理恵
草摩紅葉           :潘めぐみ
草摩はとり          :興津和幸
草摩潑春           :古川慎
草摩綾女           :櫻井孝宏
草摩慊人           :坂本真綾
魚谷ありさ          :種崎敦美
花島咲            :佐藤聡美
本田今日子          :沢城みゆき

Music

■オープニングテーマ『Again』Beverly

■エンディングテーマ『Lucky Ending』ビッケブランカ

視聴方法

dアニメストアにて視聴。

■地上波

  • テレビ東京
  • テレビ大阪
  • テレビ愛知
  • 長崎文化放送
  • AT-X

■配信サイト

  • あにてれ
  • dTV
  • DMM
  • ビデオマーケット
  • GYAO!ストア
  • バンダイチャンネル
  • Amazonプライム・ビデオ
  • Google Play
  • ニコニコ動画
  • HAPPY!動画
  • MOVIE FULL
  • RakutenTV
  • TSUTYA.TV
  • J:COMオンデマンド
  • dアニメストア
  • U-NEXT
  • アニメ放題
  • Paravi
  • Hulu
  • NETFLIX
  • ひかりTV

dアニメストアは業界No1(※)のアニメ見放題サイト!
31日間無料お試しができ、ドコモケータイ以外でもOKです(月額400円税抜)
名作アニメや見逃したアニメもバッチリ揃っているので、私一押しの動画サイトです。

dアニメストア

※国内の定額動画配信サービスにおいて。2018年3月時点、
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社調べ。

1話感想

前回の『異世界かるてっと』のときも「キャスト・スタッフ欄を打つのが大変」と書きましたが、今回は別の意味で大変でした。

「夾(きょう)」とかはともかく「潑春(はつはる)」とか「慊人(あきと)」とかという漢字、容易には変換できないのですが……(笑)。

いやまぁ、これでうちのMacは学習したので、今後は容易く変換可能にはなったんですけどね。

まぁそんな感じですね。

『フルーツバスケット』。

いわゆる「イケメンさんがたくさん出てくるアニメ」なんですが、この手のアニメは比較的敬遠しがちだったんですよ。

誤解されたくないのですが「ハーレムもの」もあまり好きではありません。

主人公に異性が「◯◯さまぁ〜」と無条件で群がるのを見るには……年を取りすぎたのかもしれません。

まぁ、でも自分で小説を書くのは好きなんですが。

この矛盾は、未だに自分の中では意味不明な思考回路のひとつですね。

さて、そんなわけで本作品のタイトルとアイキャッチ画像を見た時点で「あぁ、これはダメなやつだ」と思ってしまったんですよ。

過去の自分の視聴履歴と照らし合わせても、これはきっと1話で終わってしまう、と。

それでも「見ないで判断するのもどうなのか?」「ここはやはり敢えて見ることで、自分の直感の正しさを再確認すべきではないか?」ということで見てみました。

面白かった。

30分があっという間でした。

なんでこんなに面白かったのかなぁ、と思って考えてみると、自分がこの手の作品がどうしてあまり好きになれないのか、ということが分かりました。

例えば女性向けの作品であれば、イケメンさんが「お前は、俺のものだ」と迫ってきたり、逆に男性向けのものであれば「主人公さまぁ〜」と無条件に好きになってみたりという王道パターンがあります。

それは手っ取り早いと言えばそうなのですが、キャラクター軽視とも言えるんですよね。「え、なんで速攻で惚れたの?」という。

それがフルーツバスケットでは(少なくても1話の時点では)そうではなかった。

主人公の透にしても、由希、紫呉も「ドキッ」とする瞬間は描かれていますし、とにかく相手に対しての優しさは感じられるのですが、あくまでも丁寧に関係性を描いている……ように感じられました。

先程「男性向け・女性向け」という話をしましたが、個人的には男性向けのハーレムものは、もうお腹一杯過ぎるのでこのような女性向けの作品が増えるのは、よいことだと思っています。

[合わせて読みたいおすすめリンク]