【1話感想】『SSSS.GRIDMAN』【dアニメ2018年秋】

2018年10月26日雑多記事アニメ, dアニメ

こんばんは、しろもじです。
観たアニメのレビューを「視聴者目線」「創作者目線」で行ってます。
現在は2018年秋アニメのレビューを「1話観た感想」として記事にしています。
本記事以外のアニメレビュー一覧はこちらにございますので、よかったらご覧下さい。

今回取り上げるアニメは、円谷プロの特撮モノが原作という変わったアニメ『SSSS.GRIDMAN』になります。

スポンサーリンク

『SSSS.GRIDMAN』基本情報

公式サイト

PV

キャスト・スタッフ

■スタッフ

原作            :グリッドマン
監督            :雨宮哲
脚本            :長谷川圭一
キャラクターデザイン    :坂本勝
グリッドマンデザイン    :後藤正行(円谷プロ)
アレクシスデザイン     :コヤマシゲト
怪獣デザイン        :西川伸司・丸山浩・板野一郎・山口修・前田真広
アシストウェポンデザイン  :野中剛
ジャンクデザイン      :三宮昌太
ヒロイック作画チーフ    :牟田口裕基
助監督           :金子祥之
サブキャラクターデザイン  :中村真由美
3DCG監督        :宮風慎一
3DCG制作        :グラフィニカ
美術監督          :渡辺幸治(アトリエPlatz)
色彩設計          :武田仁基
撮影監督          :山本弥芳(グラフィニカ)
編集            :吉武将人(グラフィニカ)
音楽            :鷺巣詩郎
音楽制作          :ポニーキャニオン
音楽監督          :亀山俊樹
音響効果          :森川永子
ラインプロデューサー    :竹内雅人
アニメーションプロデューサー:舛本和也
アニメーション制作     :TIGGER

■キャスト

響 裕太        :広瀬裕也
グリッドマン      :緑川光
内海 将        :斉藤壮馬
宝多六花        :宮本侑芽
新庄アカネ       :上田麗奈
サムライ・キャリパー  :高橋良輔
マックス        :小西克幸
ボラー         :悠木碧
ヴィット        :松風雅也
謎の少年        :鈴村健一
アレクシス・ケリヴ   :稲田徹
六花ママ        :新谷真弓
なみこ         :三森すずこ
はっす         :鬼頭明里

Music

OPテーマ  :OxT『UNION』

Amazon Music Unlimited

 

EDテーマ  :内田真礼『youthful beautiful』

Amazon Music Unlimited

視聴方法

dアニメストアにて視聴

dアニメストア

「その他地上波、VOD」

TOKYO MX
MBS
BS11
WOWOW

NETFLIX
Amazonプライムビデオ
hulu
バンダイチャンネル
ビデオパス
J:COMオンデマンド
ひかりTV
U-NEXT
アニメ放題
FOD
あにてれ
WOWOWメンバーズオンデマンド
RakutenTV
ビデオマーケット
DMM動画
HAPPY!動画
MBS動画イズム
GYAO!
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送
TVer

1話感想

これね、タイトルだけ見ると「戦隊モノ?」と勘違いしてしまいそうになります。

『〜マン(MAN)』ってどうなんだろう?

元々は円谷プロさんの『電光超人グリッドマン』が原作ということを知って「あぁ、なるほど」とは思いましたが、アニメーションに『〜マン』っていうタイトルを付けるのは凄く勇気が要りそうです。

個人的には好きなんですけどね。

 

しかし!

内容は凄いですよね!

動画も凄いし、絵も凄い。

凄いとしか言ってないけど、とにかく凄い!

1話観終わった後に「なんか、グレンガランっぽいなぁ」と思ったら、やはりTIGGER!

失礼を承知で言えば、設定は古い。

壊れかけのPCからグリッドマンが語りかけてくるあたり、かなり古い。

でも新しい。

 

よく「昔のものをリメイクしました」みたいなのがありますが、このリメイクは素晴らしいとしか言いようがありません。

リメイクものって、設定をこねくり回して現代風にアレンジしたりしているものが多い割に、出てくるキャラクターや言動が古かったりすることが多いように思われますが、本作ではその辺りを上手く融合させていて好感の持てるものに仕上がっています。

個人的には六花ちゃんが可愛い。異論は認めません。

主人公の響裕太くんも(記憶喪失という設定なので仕方ないのですが)ややぼんやりしていますが、やるときはやる子です。

内海将くんはバクマンに出てた? 彼もいいヤツです。

 

1話の戦闘シーンは「あー、そうだよ! ロボットものはこうじゃなくちゃ!」と叫んでしまいそうになるくらい感動してしまいます(近所迷惑です)。

TIGGERやっぱ凄いなー。

先日紹介したCG系キャラアニメも面白いけど、やっぱりアニメはこうでないといけません。

これはどれだけ頑張っても、アマチュアでは作れない。

絶対的な壁を感じます。

今期「必ず見るべきアニメ」のひとつですね。

 

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!