【小説朗読】LisPon×カクヨム”最後の5分間”小説×朗読コラボコンテストが開催!

小説講座カクヨム, 小説コンテスト, 音声小説

こんばんは、しろもじです。

小説投稿サイト「カクヨム」とボイスアプリ「LisPon(リスポン)」のコラボ企画で「LisPon×カクヨム”最後の5分間”小説×朗読コラボレーション・コンテスト」が開催されることが、カクヨム上で発表されています。

スポンサーリンク

コンテスト概要

カクヨム応募期間:2018年7月25日〜8月7日

結果発表    :2018年9月中

応募要項    :オリジナルの1次創作、1,200字以内、複数応募可能

応募方法    :作品をカクヨムに投稿後、自主企画欄で「LisPon×カクヨム “最後の5分間” 小説×朗読コラボレーション・コンテスト」を選択

審査方法    :LisPonとカクヨムが審査員となり、優秀作を選出

テーマ     :「最後の5分間」をテーマにした”最高の1シーン”を、あなたの得意な方法で表現しなさい

賞       :大賞 世界で1セットだけのオーディオブックセット

         LisPon賞 イヤホンラバーストラップ

         カクヨム賞 カクヨムオリジナルブックカバー

         応募作品は、ボイスアプリLisPonで開催される「最後の5分間」朗読部門での朗読原作作品になる

 

 

カクヨムの企画の中でも、ちょっと異色なものになりそうですね。

以前お話していたWritoneにも似ているような。

私、LisPonさんって知らなかったんですけど、結構有名なアプリなんですか?

ウェブサイトをちょっと見てたのですが、載っていた音声を聞いてみて「これ、普通の方がやってるの?」とびっくりしてしまいました。

だとしたら、凄いですよねぇ。

 

全ての文字小説が音声小説に置き換わるとは思いませんが、そういうジャンルが確立されつつあるのかもしれませんね。

(とは言え、こういうやつって、私が学生時代からあったと言えば、あったのですが)

「声には自信がないが、文章なら任せとけ!」という皆様。

ぜひ、応募を検討してみてはいかがでしょうか?

 

それもしても、今回のテーマ。

「最後の5分間」をテーマにした”最高の1シーン”を、あなたの得意な方法で表現しなさい

珍しく命令口ちょ……いえ、テスト口調ですね。

人によっては、ご褒美的な書き方かもしれません(笑)。