『きみとぼくのダンジョン再建記』第55話投稿のお知らせ

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

『きみとぼくのダンジョン再建記』の第55話「今は平和で」をカクヨムに投稿しました。

今週は年末年始ということもあり、結構書けるかなと思っていたのですが、意外と手こずりました。

「小説家になろう」に投稿予定の改稿版『きみとぼく』は15話までなんとか書き進めました。

スポンサーリンク

同じ小説を同じ設定で違う小説にする

前の投稿記でも書いたのですが、改稿する目的は「小説家になろうに投稿するために、やや冗長になっている部分をカットし、ダンジョン再建部分を足し構成し直すため」です。

つまり、登場人物や設定、大まかなストーリーなどは変更せず、一部を抜いたり足したりするということ。これをやるのは初めてのことなんですけど、思っていた以上に大変だと分かりました。

特にカクヨム版を書きながらなので、2つの小説で「あれ、これ書いたっけ?」みたいなのが出てくるんですよね。

完全に一から書いているわけではなく、コピペできる部分はコピペしているので、余計にこんがらがっているような状況です(笑)。

前回の投稿記では「12話くらいから本格的に直していく」と書いたのですが、結局剣士4人組は登場させないといけないし、それ以前の話もやっとかないと後で困りそうな部分があったので、その辺りは同じです。

ただ、余計なものは抜いていっているので、カクヨム版の17話辺りが小説家になろう版の15話になっています。2話縮んだ格好ですね。カクヨム版ではその後、ケンカしたり仲直りしたり、王都に行ったりするわけですが、その辺りはバサッと書き換え予定です。

その過程で、「書かないといけない部分」をどうしていくのか、というのに苦労している状況なんですよね。

先程書いたように「2つの小説を別のものにはしない」と思っているので、余計に難しい。いっそ別ものですとすれば簡単そうですが……でも、それはそれで難しいのかな? 一番良いのは、カクヨム版が終わってから書き直すのが良かったんでしょうけど。

他にも書きたい話はあるし、あまりこればかりに手間取っているわけにはいかないのですが、それでもこういう体験もなかなかおもしろいなと思っているので、無駄にしないように頑張っていきたいところですね。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]