『物書きたちは譲らない!』第8話、第9話を投稿しました!

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

 

カクヨムに『物書きたちは譲らない!』の第8話「小説、書かれるんですか?」、第9話「小説、見てもらって良いですか?」を投稿しました。

前回の「投稿報告」では、少しだけ夢について書きました。

「むにゃむにゃ……もう食べられないよ」の夢じゃありません(笑)。

今日はそれに似たような話で「小説を書くとき、何が一番つらい?」という話です。

スポンサーリンク

小説を書くとき、何が一番つらい?

本作『物書きたちは譲らない!』は、何度も言っているように「小説家(のタマゴ)」をメインキャラクターに据えた物語です。

その過程で「小説を書くとき、何が一番つらいんだろう?」ということを考えました。

私は比較的「自分が書ければそれで良い」という人間なのですし、きっとそういう方も多いんじゃないかな、と思っています。

しかし、そうは言っても処女作はともかく、2作目、3作目と続けていくうちに、つらいことが出てきます。

 

私は「自分の作品が良くも悪くも評価されない」ことだと思いました。

つまり読まれない。

PVが付いた上で「レビューが付かない」「ハートマーク(って言うのかな。カクヨムで応援するときにつけるやつ)が付かない」というのは、ある意味「評価されている」わけで、それはそれで励みになると思うんですよ。

まぁ、たくさんレビューやハートマークが付くに越したことはないのですが……。

 

それをそのまま小説に組み込もうとしたのですが、なかなか上手くいきませんでした。

そういうわけで本作のキャラクターたちは、隙あらば「読んで!」と誰かに自分の小説を読ませようとします(笑)。

 

それ以外にも「他人の小説への嫉妬」や「夢を追うことに対して斜に構えてしまう」「自分の小説への評価が下がる」などの悩みを、それぞれのキャラクターが持っています。

全てのキャラクターにそれぞれの悩みを、と当初は思っていたのですが、それではとても30話には収まらない、ということで、多少妥協している部分があります。

この辺りは、自分のまとめ方の不味さを実感しました。

 

今、投稿しながら改めて読み返してみて「あー、こうすればよかったなぁ」と悶絶したりしています(笑)。

メインのストーリーは、前回も書いたように「夢への接し方」だったので、そこだけは多少なりとも書くことができたので、まぁしょうがなかったかな……。

この手の話は結構好きなので、きっとそのうちリテイクすると思います。

そのときに、今回の反省が活かせれば良いのですが。

[あわせて読みたいおすすめリンク]