ルーティンの大切さ|『きみとぼくのダンジョン再建記』第66話投稿のお知らせ

小説投稿記

小説投稿サイト「カクヨム」に『きみとぼくのダンジョン再建記』の第66話「大バカものです!」を投稿しました。

今週も「カクヨム3周年記念選手権」にかまけて、66話を書くのが土曜日の深夜になってしまいまいました。

って言うか、選手権のお題、分かってたけど段々難しくなってきてて、考えるのに恐ろしいほど時間がかかるようになってきました……。同じ舞台で統一するの止めときゃよかったかなぁ、と後悔してますが、後3つです。やりきるしかありませんね。

スポンサーリンク

ルーティンの大切さ

今週、日本で最も騒がれた話題は「イチロー引退」でしょう。

ご本人は「50歳まで現役」と言っていたそうですが、そもそも40歳超えた時点でメジャーに残っているだけでも十分凄いことです。

プロスポーツ選手を見ているといつも思うんですが、どれほどの絶頂期があったとしてもいつかは最前線を引く日が来るわけで、ある意味とても残酷なものではないかと感じてしまいます。

まぁ、それがあるから輝けるときもあるというわけなんですけどね。

まずはお疲れ様でした、ということで。引退と言っても、本人はまだまだ十分若いですからね。今後のご活躍をお祈りしております。

さて、そのイチロー選手と言えば「ルーティン」が有名です。

一時期、朝にカレーばかり食べるというのが話題になっていましたが、あれは定期的に変わっているそうですね。

それ以外では、球場に入る時間からそこから試合に向かうまでの練習やアップがルーティン化していると聞いたことがあります。

色々な理由があるそうですが、一番には「いつもと同じことをやることで、いつもと違うことを察知する」のが目的だそうです。

これって本当に難しいことで、例えば「家に帰ってきたら、まずPCを開いて小説を書く。ご飯を食べて、お風呂に入ってブログを書いて散歩に行って、帰ってきてからまた小説を書く」みたなルーティンを決めてみても、必ず実行できるのかという問題もありますし、何よりそれ以前の行動などが変わってしまうと意味が薄れてしまうわけです。

特に仕事をしていたり学校に行っている場合、それらが生活の主となるわけですから、ますます難しくなっていきますよね。

ですから生活全体をルーティン化するのは無理としても、その中の一部だけでもルーティンとしてできないものかなぁ、とずっと色々試してきました。

私の場合は小説とブログという2つの「書く場」があるのですが、まずはブログを毎日続けていくために、ある程度のルーティンを決めています。

またルーティンとは少し違うのですが「毎日必ずブログを更新する」ということを掲げているのは、日によってはとても苦しいこともあったりする一方で、ある程度やっていくとその負荷がどんどんなくなっていくのが分かりました。

特にこの2週間ほどは、冒頭でも書いた「3周年記念選手権」の投稿もあり「書くこと多すぎ」という状態になっていましたので、ブログが負担になっていたらとても参加出来なかったと思います。

また、毎日文字を書く(正確にはタイピングする)という習慣は、続ければ続けるほど楽になっていきます。

小説にしてもブログにしても、長い文章やややこしい話を書くときはやはり時間は掛かってしまいますが、そうでもない場合には前より短時間でできるようになった気がします(まぁ、最終的には文章量の問題ではなくその品質が大切なので、それが一概に良いのかは分かりませんが)。

また生活を見直していく中で、逆に「やってはいけないもの」というのが見えるようになってきました。

これがまた難しく、確か去年くらいに一度「小説とブログを書く以外の娯楽はしない」と決めたことがありました。

大好きなネット徘徊や、ゲーム、動画視聴なども大幅に制限し、特に平日はほぼ断つという生活をしてみたところ……逆に小説とブログを書くのがとても苦痛になってしまいました。

現在では「どれがどういう意味で必要だ」というのを考えた上で、ある程度それを取り入れる形にしています。

例えば「面白い話の構造を知るために、アニメや映画の視聴は必要」とか「他の人の文章に触れるのは、格上で大切」というのを確認して、それを時間を決めてやっているという感じです。

あ、娯楽としての時間がないわけではありません(笑)。

ただ「だら〜とWebを眺めてる」というのは止めたということですね。

長々と書いてしまいましたが、要は「イチロー選手には遠く及ばないものの、ある程度のルーティンを取り入れることで、生活に流されることなく自分のリズムを作ることはできる」ということが言いたかったわけです。

前の私は「できればやる」という感じで動いていました。

だから「疲れてたらやらない」「暇さえあればなぁ」「明日から本気出す」というのが当たり前で、何も出来ないまま日々が過ぎていくだけでした。

今でもまだまだだなぁと思うことは多々あるのですが、それでも多少なりとも前進できたのではないかな?

イチロー選手の引退会見を見た後、そんなことを思った次第です。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!