『物書きたちは譲らない!』第14話、第15話を投稿しました

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

カクヨムに『物書きたちは譲らない!』の第14話「それってつまり」と第15話「これでも乙女」を公開しました。

登場人物が出揃って、この14話から話が転がっていきます。

新しいプロットに手を出してみた

昨日の投稿記で「地の文と会話文の割合」のお話をしましたね。

記事を投稿後「ほぼ会話文だけで小説を書いてみようか」と思いました。

恐らく「会話文だけで成り立っている小説」というのは、既にたくさんありそうです。

ですので、そこを特徴とした小説を書くのではなく、あくまでも「会話文が中心の小説」というのを書いてみようかな、ということですね。

 

で、既存のプロットを漁ってみてたんですけど、なかなか……。

会話文多めで構成する自信のないものばかりでした(笑)。

 

そこで、ひとつ新しいプロットを創ってみました。

 

とある少年と少女の話。

二人は幼馴染で小さい頃からずっと一緒。

中学生のころから付き合いはじめて、高校生の今、3年が経過。

お互いに不満はないし、それなりに上手くやっている。

でも、徐々にふたりのことよりも、周囲とのことを優先するようになってきていた。

彼氏はバイトに、彼女は部活にそれぞれ力を入れて、会う時間も少なくなる。

 

ある日。

たまたまふたりとも暇ができて、彼氏の部屋でくつろいでいた。

久しぶりなのに、なかなか会話が弾まない。

そのとき、ベッドに腰掛けていた彼女が少しずつ消えていってしまう。

壊れたテレビのように、映像が乱れ、声がかすれて聞こえるように。

そして完全に彼氏の目の前から彼女が消えてしまった。

 

慌てる彼氏。

そこへ母親がおやつを運んでくる。

「彼女が……突然っ」

状況を説明する彼氏。

しかし母親は

「何言ってるの、あんたたち」

どうやら第3者からは二人の姿は見えているものの、お互いを認識することができなくなったようだった。

ちょっと長いですね(笑)。

 

「会話文多めで小説を書く」と考えると、普通は「仲の良い彼氏彼女の恋愛小説」となりそうですが、敢えて「お互いが見えなくなった(話もできない)」にしてみようかな……と。

少しハードルを高くしすぎた感はなくもない(笑)。

 

このままだと、お話的にちょっとどうかな……と思ってて、異世界を絡めていこうかと考えています。

異世界の方は、テンプレ王道ど真ん中。

話の柱ではないので、あまりここは触りたくない。

一応、結末は考えてみたんですが、こちらは「う〜ん?」という感じで、もう一捻りしたいところです。

 

以前どこかで書いたプロットとは別ものです。

あれは少し背景が面白そうなので、ちょっと作り込んでみようかなぁ、と。

管理官と王女様』のときに、その辺りをふわっとしすぎていたので、今度はちゃんとしようかな、と思っています。いや、あれはあれで、そこそこ考えていたんですけどねっ!

 

とりあえずは結末だけしっかりと決めてから、ざっと書いてみるつもりです。