『きみとぼくのダンジョン再建記』第37話投稿のお知らせ|「カクヨムのあの機能の話」

小説投稿記カクヨム

こんにちは、しろもじです。

『きみとぼくのダンジョン再建記』の第37話「サバ……読んでるんだろ?」をカクヨムに投稿しました。

実はですね。ついさっき「投稿記の一覧」を見てて気づいたのですが……

投稿記のタイトルの一部が『ぼくときみ〜』になってるぅぅぅ!!

正しくは『きみとぼく』です。

君、僕をひらがなにするのか、漢字もしくはカタカナにするのか。順番はどっちが先か。

その辺りは一応考えた上で『きみとぼく』になったはずなんですけど、自分でこんなに間違えていたとは……。

一部と言うよりは、過半数くらい間違えていたので、もうお恥ずかしい限りです。

まぁ、読んで頂けている方にとってはその辺りはどうでも良いのかもしれませんが、作者が間違えちゃ駄目ですよねぇ。

反省した後、話題を変えます。

カクヨムに実装されたあの機能はどう使う?

あの機能とは「レビューに搭載されたいいね!」のことです。

記事にしようかなぁと迷ったのですが、使い所が分からず見送っておりました。

 

上記お知らせにも書いてあるんですけど「小説探すとき、レビューを参考にするじゃない? レビュー読むよね? だから、良いレビューがあったらいいね! できるようにしたからね」ということですよね。

個人的にレビューから探すということがあまりなかったので、ちょっとピンとこなかったんですよね。

 

自分の小説の探し方としては「応援コメントやレビューをくれた方のを見に行く」か「新着からランダムに探す」というやり方で、その際レビューを見てから本文を読むということがあまりないんですよね。

はっきり言うと「レビューを見る時間があったら、本文を先に読む」というわけです。

お金を出して買う書籍なら、レビューはありがたかったりするのですけど、無料で読めるカクヨムならいきなり本編を読んだ方が早いわけで。

 

ただ、カクヨムがこの機能を搭載したということは「レビューを参考にして欲しい」という意図や「レビューから探す人が多い」ということなのでしょうか?

 

このレビューや応援コメントに関しては、最近思うことがあるので、また次回の投稿記か別の記事にしたいと思います。