良い癖と悪い癖【創作日記112019】

小説投稿記創作日記

ようやく風邪が治ってきました。歳を取るにつれて「寝込んで重症化するほどの風邪」を引くことはほとんどななくなりましたが(オリンピック並)「生活に支障は出ないけど肉体的、精神的に辛い程度の風邪」はよく引くようになった気がします。

「前線は弱いけれど、後方部隊は手厚い」という感じなのでしょうか? 違うか。

そんなわけで今週に入ってからは、小説の執筆はおろか何も手に付かずという感じでした。

スポンサーリンク

悪い癖ほどよく身につく

先週末くらいから体調が悪くなってきて、早期の回復のために「早々にお布団にくるまって寝る」という生活を送ってきました。風邪の治療には色々方法があるとは思いますが、個人的には「栄養取って暖かくして寝る」が最も効果的だと信じています。

なので日曜日、月曜日、火曜日はブログだけなんとか書き上げると「ご飯、お風呂で即お布団」というルーティンでした。でもこれだと21時くらいにはお布団コースなので、流石に眠るには早いんですよね。

よってアニメを観たり、本を読んだり、Webを見たりという自堕落な時間を数時間ほど過ごすという日々。それまでは「ご飯、お風呂の後、軽く家事をしてからブログ記事(下書き)と小説」というパターンだったので、なんとも幸せな日々です。

※帰宅後、即ブログ記事を完成させることもありますが、稀に時間がかかるものは夜にコツコツやっています。

別にね、小説やブログを書くことは強制されていることではありませんし、むしろ好きでやってることなんですけど、やっぱり文章をひねり出すのって苦痛を伴うこともあるじゃないですか……と書くと、ちょっと極端かもしれませんが、書いている途中は面白がって書いていても、書けないときの苦しさっていうのはあると思うんですよね。

それが例えばアニメを観ていたり、ゲームをしているときとはちょっと違う感覚なのではないかな、と。

だから「小説やブログを書く」というのは、楽しさ反面苦しさも含んでいるという体験だと言えるわけで、ここ数日間を「幸せ」だと思ってしまったのも仕方がないわけです。

で、風邪が治って今日から本格的に元の生活に……となるわけですが、先程からどうにも手が動きません。それどころかブログに何を書いていいのかすら思い浮かばないという有様です。元々、そういうことがあったときのための「創作日記」だったはずで、創作日記自体はネタで困ったことはないんですよね。

どうも表題にあるように「悪い癖ほどよく身につく」を地で行っているような感じになっています。たった2日、3日のことなんですけどねぇ……。

良い癖は付きにくいが

何を持って「良い癖、悪い癖」というのかは微妙ですが、まぁ自分自身がそう思えばそうなんだということでしょう。例えば「小説を書く」というのは私にとって良い癖です。「運動をする」「ブログ記事を更新する」などもそうでしょう。

私は小説を書く以外にろくな趣味がないのですが、他にあるという方はそういうのも含まれるかもしれませんね。「キャンプに行く」「楽器を演奏する」「イラストを描く」「庭いじりをする」などなど。

一方悪い癖とは同じく「自分がダメだと思っている癖」ですから、私だと「アニメ・マンガを観ちゃう」「ゲームをしちゃう」などでしょうか。

もちろん当たり前ですがアニメを観る、マンガを読む、ゲームをすることが悪いことだと決めつけることはできません。あくまでも「しちゃう」の部分が悪いんですよね。

「小説やブログを書かなくちゃいけない、書きたいのについついそうじゃないことをしちゃう」

実際の私も、ついさっきまでネットの海をサーフィンしまくって、こんな時間になってしまいました……。しかも有用なサーフではなく「なんとなくぅ、なんとなくぅ〜」という感じで、何も残らない。

多分、ここ数日のパターンが早くも身に付いてきているような気がします。モニタに向かってキーボードに手が伸びる前にリンクをクリックしちゃうような、もしくはキーボードに指を置いても文字を入力するのが億劫に感じるような。

それは思考的な部分でも起こっていて「話を考える」という行為すらも、劣化しているようにも感じられます。たった数日なんですけどね。

もしかすると、そういうのがセンスというヤツなのかもしれません。センスがある人は数日だろうが、数週間だろうが間が空いても「書くぞ」とスイッチを入れられるのかもしれませんが、私のような人間はそうはできないということでしょう。

なのでやはり習慣化を崩すことなく続けていくのが大切だ、というのを身に染みて感じたというわけです。

筋トレとか運動とか良さそうな習慣はなかなか身に付きにくいのに、悪い癖は簡単についてしまうものは困るのですが、そういうものなのでしょうがないと割り切るしかない気もします。

先程お風呂に入ってて「どうしたら上手くいくのだろう?」と考えたんですけど「悪い癖と良い癖を混合させたらどうだろうか?」というのを思いつきました。少し前にやっていたんですが「アニメを観ながら筋トレをする」というのは、なかなか良い習慣でした(ここ数日は寝込んでいたのでしていない)。

ただ問題は「アニメを観る」というのはどちらかと言うと受動的な行為ですから「筋トレ」という能動的な行為を組み合わせることができるんですが「小説、ブログを書く」というのは能動的な行為ですから「受動的な楽しいこと」を組み合わせるしかないんですよね。

「アニメを観ながら小説を書く」というのは難しそうですから(と書いて、できる人もいそうだと思いました。できる方は凄いな)。

受動的な行為としては「音楽を聴く」くらいしか思いつかないんですけど、音楽はそこまで楽しくて仕方ないというものでもないんですよね……。何か良いのがないのかと模索しながらも「今日は文句を言わず小説を進める」ということにしました。

「ブツクサ言ってないで手を動かせ」というやつですね。

[合わせて読みたいおすすめリンク]