MacのSafariとChromeを使って、英語ページを最も簡単に翻訳する方法

雑多記事Mac

本記事は以前に書いた『MacのSafariで、英文サイトを翻訳する方法【拡張機能】』という記事の補足記事になります。

対象者は「MacのメインブラウザはSafariを使っているけど、無料で翻訳したい。Chromeをインストールしてもよい」という方になります。

スポンサーリンク

前置き(読み飛ばしてもOKです)

Safariのアップデートにより、リンク先の記事に書いた方法では翻訳することができなくなりました。多分、アップデートしなくてもSafari Extension自体が廃止になったので、どちらにしても使えないのだと思われます。

Safariの拡張機能はApp Storeにあり、いくつか翻訳できるものもあったのですが、どれも機能的に今ひとつな感じで、しかも有料だったので試すのを躊躇ってしまいます(もちろん有料であっても秀逸な機能であれば、喜んで課金するのですが)。

そこでSafariとGoogle Chromeを使って、比較的簡単に翻訳する方法を説明していきます。

Chromeをインストールしなくてはならないという手間は掛かりますが、恐らくこれが最も簡単な方法だと思われます。

当然ですがメインブラウザをChromeに使っている場合であれば、Safariを経由する必要はないので、次の項は飛ばして読んで頂いて大丈夫です。

Chromeをお持ちでない方は下記のリンク先からダウンロード&インストールして下さいね。

Safariでの設定

まずSafariでの設定をします。

メニューの「Safari」から「環境設定」をクリックしましょう。

環境設定が開いたら「詳細」タブをクリックし、一番下にある「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れておきます。入れたら閉じてOKです。

Google Chromeでの設定

次にGoogle Chromeで設定をしていきます。Chromeを開いてメニューの「Chrome」から「環境設定」をクリック。

Chromeの場合は設定がタブで開きますので、下にスクロールし「詳細設定」をクリックしましょう。

下にスクロールしていくと「言語」という箇所があります。右にある下向き矢印(∨)をクリックすると内容が展開されますので、そこにある「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」をオンにしておきます(下の画像はオンの状態です)。

これで準備はOKです。

Safariで表示したページを翻訳する

では実際に翻訳してみます。Safariで英語のページを表示させましょう。メニューに「開発」というものが追加されていますので「ページをこのアプリケーションで開く」から「Google Chrome.app」をクリックします。

すると自動的にChromeが立ち上がりページが表示されます。アドレスバーの右に翻訳用のアイコンが表示されています(赤枠部)のでクリックします。

「このページを翻訳しますか?」と尋ねられるので「翻訳」をクリック。

ページが翻訳されました。原文を表示するにはもう一度アイコンをクリックし「原文ページを表示」で戻せます。

ちなみに右クリックからのメニューでも翻訳は表示されます。が、原文に戻すことはできません。何でなんでしょうね?

まとめ

上記のようにAppleのサイトなどはかなりスムーズに翻訳することができました。一方で米Amazon.comなどのページでは情報量が多すぎるのか、極々まれに一部が翻訳されなかったり、翻訳自体ができなかったりしました。

また翻訳できたとしても、ページリンクが機能しなくなったりすることもありました。

そういうときは「ページを再読み込み」させ、もう一度翻訳させれば大体OKです。

翻訳機能自体はGoogle翻訳を使っているので、比較的まともな翻訳をしているように思われます(英検四級の意見です)。副次的なことなのですが、SafariからChromeを使っているので「原文ページと翻訳ページを見比べられる」という利点もあります。

スプリットビューで表示させると、かなり効率よく見比べることができますね。

ただどちらかのページでリンクをクリックしても、もう一方のページは自動的には変わらないので、リンクをクリックする際は「原文ページでクリック > 翻訳し直し」という方法になります。

ちなみにFirefoxでもこの方法でSafariからページ移行することはできるのですけど、肝心のFirefoxにあまりよい翻訳アドオンがないんですよね。いくつかあったのですが、ページをまるごとキチンと翻訳はできないものが多かったように思われました。

冒頭でも書きましたが、あくまでも「メインはSafariを使っている方」向けなので、言い換えれば「メインをChromeにすればいいじゃない」ということになっちゃうんですけど、MacやiPhoneを使っているとやっぱりSafariが便利なんですよね。

痛し痒しといったところでしょうか。

[合わせて読みたいおすすめリンク]