新作小説「王立勇者専門学校総務課」を投稿しました

2017年11月5日小説投稿記小説家になろう, カクヨム, 王立勇者育成専門学校総務課

稚作「Replace」がやっと完結したので、新しい小説を「カクヨム」に加えて「小説家になろう」にも投稿しました。

 

 

 

スポンサーリンク

今回の小説はこんな感じ

前作「Replace」は、どちらかというと淡々と物語が進むイメージで作りました。

 

完結まで十話、約二万字の作品という短編のくせに、中身だけは詰め込みすぎて、登場人物もペラッペラだったように思えます。

 

今回の作品は、一応長期連載を目指しています。Replaceに頻繁にコメントを描いて頂いた「てるまさん」の「ムチャとトロンの冒険譚」のように、長ーく書けていけたらいいな、と思ったり思わなかったり。どっちだ。

 

というか、「ムチャと〜」途中までしか読んでないのですが、これ何作あるんだ!? 途中で数えられなくなったよ。

 

前言撤回。そんなに長くは続きません(笑)。

 

で、肝心の内容ですが「ラノベっぽいの」を目指しています。

 

べっ、別に読者に、おもねったわけじゃないんだからね!

 

嘘です。今回は思いっきり「よく読まれそうな」カテゴリにしています。

 

というか、私、ラノベも結構好きですからね。

 

まぁ、あくまでもカテゴライズすると「ラノベっぽい」ということであって、実際にどうなるのかは分かりません。「読みやすいのにはしよう」とは思っていますね。

 

そして「ラノベっぽい」ということで、テンプレ通り「異世界もの」になっています。異世界ものは書くの初めてなんですよね。ちょっとドキドキです。

 

なんで「なろう」と「カクヨム」同時掲載なのか?

それはまぁ、ぶっちゃけ「たくさんの方に見てもらいたいから」に尽きるわけですが(笑)。

 

それとは別に「なろうって、凄い読まれるってきいたけど、どうなんだろう?」っていう部分もあります。

 

前作は、作風的にあまりに「なろう」的でないと思ったので、見送ったのですが、今回は思いっきり「ラノベ(っぽいの)」なので、いいのかな、と。

 

投稿サイト毎に分けていくのは、多分今後もやっていくと思います。

 

「王立勇者専門学校総務部」での課題

課題ってほどではないのですが、前作「Replace」はある程度、頭から最後までストーリー自体は出来ていました。いわゆるプロットってやつですね。

 

投稿しながら、順次書いていったんですけど、一話一話の区切り位置が上手く行かなくって「そこで切るのかよ!」みたいなのもありました(笑)。

 

今回は、一話辺りの文字数を、1,000字から2,000字と決めて、その中で「次への引き」というのを考えながら作っていければな、と思います。凄い引きは作れませんけどね。

 

プロット自体は、おおよそひとつの話が完結するところまで書いています。実際の作品としては今5話を書いているところです。ストック少ないんですよ。もうちょっと貯めてからすればよかったかな。

 

 

そんなこんなで、新しい投稿小説「王立勇者育成専門学校」をよろしくお願いします!