新型Macbook air、Mac mini、iPad proが登場!【予約は本日より】各種比較表付き!

2018年10月31日雑多記事Mac, Apple, iPad

こんばんは、しろもじです。

2018年10月30日23時より行われた「Apple Special Event」。

事前に書いた記事で各種サイトの予想をまとめておりましたが、ほぼ予想通りの結果となりましたね!

Macbook air、Mac mini、iPad pro、Apple Pencilのアップデートが発表されました。

順に見ていきましょう!

新型Macbook air

©Apple

事前の記事でも触れていましたが、てっきりMacbook airはMacbookに統合されるものだとばかり思っていました。

ところが新しく発表された端末はMacbook airとなっており、Macbookは継続販売されるようです。

もっともベーシックな構成で比べてみましょう。

  Macbook Macbook air(新型)
ディスプレイ 12インチRetinaディスプレイ 13インチRetinaディスプレイ
サイズと重量 0.35-1.31 × 28.05 × 19.65cm
0.92kg
0.41-1.56 × 30.41 × 21.24cm
1.25kg
カラー スペースグレイ/ゴールド/シルバー スペースグレイ/ゴールド/シルバー
CPU 1.2GHzデュアルコアintel core m 1.6GHzデュアルコアintel core i5
メモリ 8GB 8GB
ストレージ 256GB SSD 128GB SSD
グラフィックス intel HD Graphics 615 intel UHD Graphics 617
ポート USB-C×1 USB-C×2
バッテリー 41.4Whリチウムポリマーバッテリー
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
 50.3Whリチウムポリマーバッテリー
最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
Touch ID あり
価格(税別) 142,800円 134,800円

うーん……。

これMacbookの立場が……という感じになってしまってますねぇ。

大きさと重さで少し軽い、というのが唯一の利点になってしまった感があります。

と言うか、新型Macbook airがお買い得すぎな気がします。

TouchIDにも対応したことで、どう考えてもMacbookを選ぶ理由がなくなった感じですね。

 

最大のトピックはAirの悲願であったRetina化!

個人的には旧来のディスプレイでも困ったことはなかったのですが、キレイになるのは良いことです。

キーボードとトラックパッドも新しくなり、ほとんどMacBookとの差がなくなりました。

 

一応旧型のMacbook Air(1.8GHzデュアルコア core i5、8GBメモリ、128GB SSDストレージ)も98,800円でApple Storeのサイトには載っていますけど、これはどうなんでしょうねぇ。在庫限りかな?

新型Mac mini

©Apple

やはりMac miniが来ました!

外観はほぼ以前のものを継承しているようです。

色がスペースグレイに変わって、ここだけ見ると「Pro」っぽいのですが名称にProは含まれていません。

スペックを見てみましょう。

CPU 3.6GHzクアッドコア intel core i3 3.0GHz6コア intel core i5
メモリ 8GB 8GB
グラフィックス intel UHD Graphics 630
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD
インターフェイス USB-C×4
USB3×2
HDMI2.0×1
ギガビットイーサネット×1
3.5mmイヤフォンジャック
価格(税別) 89,800円 122,800円

※組み合わせはAppleに掲載されている最もベーシックなもの。パーツのアップグレードも可能です。

 

ストレージが全てSSD化!

まー、今どきなら当たり前っぽいことでも「すごーい!」と思えるのがAppleの良い所です(笑)。

マイナー前のものが48,800円からでしたから値段は相応に上がっていますけど、思っていたより安いという印象です。

 

メモリ8GBなどと合わせて一番下のモデルでも、私にはオーバースペック気味な感じがしますねぇ。

3.6GHzクアッドコアや3.0GHz6コアなんて、果たして必要なのでしょうか?

スペックは高いに越したことはないんですけどね。

新型iPad pro

新型のiPad Proはリーク通りベゼルが小さくなりFace IDに対応しました。

Face IDはランドスケーブモード(横向き)でも認識するそう。

いいなぁ、これiPhoneにも付けて欲しかったですね。

 

10.5インチが挟ベゼル化により11インチへ拡大。

旧型モデルの10.5インチも併売される模様です。

新型2機種と10.5インチPro、無印iPadを比べてみましょう。

  新型12.9インチiPad Pro 新型11インチiPad Pro 10.5インチiPad Pro iPad
ディスプレイ 12.9インチ
Liquid Raetinaディスプレイ
2732 × 2048ピクセル
264ppi
11インチ
Liquid Retinaディスプレイ
2388 × 1668ピクセル
264ppi
10.5インチ
Retinaディスプレイ
2224 × 1668ピクセル
264ppi
9.7インチ
Retinaディスプレイ
2048 × 1536ピクセル
264ppi
セキュリティ Face ID Face ID Touch ID Touch ID
CPU A12X A12X A10X A10
ストレージ 64GB/256GB/512GB/1TB 64GB/256GB/512GB/1TB 64GB/256GB/512GB 32GB/128GB
サイズ 280.6 × 214.9 × 5.9mm 247.6 × 178.5 × 5.9mm 250.6 × 174.1 × 6.1mm 240.0 × 169.5 × 7.5mm
重量(Wi-Fiモデル) 631g 486g 469g 469g
Apple Pencil 第2世代 第2世代 第1世代 第1世代
Smart Keyboaed Smart Keyboard Folio Smart Keyboard Folio Smart Keyboard
コネクタ USB-C USB-C Lightning Lightning
カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
価格(税込) 111,800円 89,800円 69,800円 37,800円

※価格は全てベースのもの。

 

こちらも発表会でのスペックを聴いている時「一体いくらになるんだろう……」と心配していましたが、意外と安い。

と言うのも、発表会でプレゼンしていた2KのNBAのゲームがあって、それが凄いヌルヌル動いていたんですよね。

なんと観客までひとりひとりモデリングされているというゲームが、カクつかず動いている。

Appleが言うようにタブレットというよりは、高性能なコンピュータと言っていいでしょう。

そう考えると10万程度で買えるというのは凄いのだと思われます。

 

まぁ、用途にもよりますけどね。

iPadでゲームやAR、モデリングなどをバリバリにやるのでしたら有効に活用できるでしょう。

しかしiPhone XSを買ってみて思ったのですが、そこまでの機能を現時点で使いこなせているのか? という疑問が沸いてくるんですよね。

もう少しすると、対応したアプリやゲームが出てくるとは思うので、そうなると真価を発揮しそうですけど。

 

コネクタは遂にLightningからUSB-Cへ!

これによりiPad ProからiPhoneなどに充電ができるようになっているそうです。

 

個人的には無印iPadが欲しいなぁと思っているんですよね。

複雑なものでなく、Webで使うちょっとした図や絵を書きたい。

え? それって前買ってた板タブでもできるんじゃないかって? 

それはそうなのですが……ねぇ?

新型Apple Pencil

©Apple

そして最後に第2世代のApple Pencilです。

最大の特徴は……iPadにくっつくようになりました!

しかもこの状態で充電が可能という素晴らしい出来になっています。

と言うか、前のがあまりにも酷かった気がしないでもないのですが(笑)。

 

あと、ペンをダブルタップすることでペンツールなどを切り替えたりできるようにもなっています。

その影響か、お値段はやや上昇。

第1世代が10,800円(税別)だったのに対し、第2世代は14,500円(税別)になりました。

うーん、ちょっと高いなぁ……。

第1世代でも高いと思っていましたが、今回は更に高い。

他の製品が「安いなぁ」と思う反面、Pencilは強気の価格設定のようです。

 

ちなみにLightning端子のモデルは第1世代、USB-C端子のモデルは第2世代のApple Pencilを利用することになります。

互換性はない模様?

まとめ

前回のイベントでは事前のリークがありすぎて、しかもリークが当たりすぎてしまった結果、サプライズがなくドキドキ感も少なかったのですけど、今回のイベントはリークに近いものがあったけれどそれなりに驚きもあってなかなか楽しめました。

現在2:00AMなのですが、まだ目が冴え渡っています(笑)。

いや、明日があるので笑っている場合じゃないのですが。

 

PC関連では現状のMacbook airが快調なので、正直どうするかなぁといったところです。

でもイザという時、前だったら「買うものがない」という感じだったのが、今回の発表で買ってもいいものが出てきたことは嬉しいところですね。

上でも書きましたが、今一番欲しいのは無印iPad。

iPad+Apple Pencilで約5万くらいですからね。

これが一番現状から作業的な更新ができそうなデバイスです(Mac miniもMacbook airも良いのですが、買っても環境が変わるわけではないので)。

 

時点でMac miniでしょうかねぇ。

持ち運びする機会が今はあんまりなくなったので、その選択になるんですよね。

もしその辺りが変わったらMacbook airもいいかも。

USB-Cが2つというのが気になりますが、うーん……USB-C→HDMIのケーブルってあるんでしょうか?

それなら充電と外部ディスプレイでなんとかなりそうなんですけどね。

 

まぁ、お金がいくらあっても足らないということですね(笑)。

 

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!