KADOKAWAより新レーベル「ドラゴンノベルス」創刊

小説LABOカクヨム

KADOKAWAより新しいレーベル「ドラゴンノベルス」が2019年2月5日より創刊されるということで、レーベルページも立ち上がっています。

©KADOKAWA(ドラゴンノベルス公式サイトより)

公式サイトでは「冒険者よ、ファンタジーへ旅立とう!」と銘打って、創刊に際してコメントが綴られています。

「ドラゴンノベルス」は今年で33周年を迎える歴史あるゲームレーベル「ドラゴンブック」を源流とし、古き良きファンタジーの世界を装いを新たに読者へと提供する新文芸単行本レーベルです。
WEB発小説やゲームノベライズを中心に、『新・古典ファンタジー』とも言える新たなファンタジー小説を刊行していきます。

ドラゴンノベルス公式サイトより

ドラゴンブックと言えば『ドラゴンランス』(のゲームブック)や『D&D』関連の書籍で、私たちの年代の人間にとってはお世話になっていたレーベル(おっと、年がばれちゃう)。

もちろんこれからも「富士見ドラゴンブック」のブランドは存続するのでしょうけど、その中で「新文芸(つまりWEB発)」に的を絞ったレーベルになりそうですね。

それにしても「新・古典ファンタジー」か……。いやまぁ、言いたいことはよく分かるのですが(笑)。

ラインナップとして2019年2月5日に発売予定のタイトルは以下の通りです。

異世界転生、地雷付き。

異邦人、ダンジョンに潜る。

極振り拒否して手探りスタート! 特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る 1

フラレた後のファンタジー 1

クトゥルフ神話TRPG ノベル オレの正気度が低すぎる

※リンクはAmazonへのものになります。現在は予約受付中。

確かにタイトルだけを見ると、新文芸っぽい感じがします。

極々個人的な話ですが、どこまで本格ファンタジーに近づいているのかが興味深いところです。あくまでも新文芸なので、ドラゴンブックほどの本格的ではないでしょうけど、従来型の異世界ものとどれだけ違うのかが知りたいところ。

毎月5日に発売とのことですので、今後のラインナップにも期待ですね。

そう言えばカクヨムで開催されていた「ドラゴンブック」のコンテストも、このレーベルからになるのでしょうか? と言うか、そうでしょうね。そのためのレーベルなのかも。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]