『物書きたちは譲らない!』第4話、第5話を投稿しました!

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

カクヨムに『物書きたちは譲らない!』の第4話「どう思っているんですか?」と第5話「ちょっと顔赤くなってない?」を投稿しました。

今回はこの話を書くことになった経緯、そして半分言い訳みたいなのを少しだけ。

スポンサーリンク

小説家にスポットライトを当てた作品を書いたワケ

自作の中で、小説家を主人公に据えた作品には、何度もお話していますが既に『家族編集部』があります。

この話は家族全員が「プロの小説家を目指す」という話で、それ自体は悪くなかったかなぁと思っています。

ただ、家族にスポットライトを当てすぎて「他の小説家」がほとんど出てこない作品になってしまったんですよね。

後半、ひとりだけ出てはくるんですけど(笑)。

 

そこで「色々な年齢層の人が主人公になる小説を書いてみよう」と始まったのが本作になります。

結果から言うと「半分達成」ということになります。

未達成の半分は「主人公の対立軸になるキャラクターを作れなかった」という点。

まだ未公開状態の部分ですので、あまり深くは言えませんが「主人公の敵」になるキャラクターを作れなかったんですよね。

  • 完全に主人公たちの敵で、最後まで争うキャラクター。
  • 主人公たちの敵だが、最後に分かり合って仲間になるキャラクター。

どちらも検討したのですが、自分が書きたい要素と絡められませんでした。

正確に言うと、絡めた上で1作分(約12万字)に収められなかった、ですね。

この辺りは結構悩んだところで、5月末の投稿記でも「書き直したい」と言っています(笑)。

 

強烈な個性を持った、しかも書く小説がメチャクチャ面白いキャラクター。

それを主人公たちの敵に仕立てて、しかも連続で登場させる。

主人公たちはそれらを撃退しながら、成長していき、最終的にコンテストの大賞を獲る。

 

そんな話を考えたりしていました。

まぁ、平たく言えば「ジャンプっぽいの」ということかな?(笑)

先程も言ったように「今回の小説で書きたかったこと」と合わなかったので、結局ボツにしましたけどね。

この辺は、次に似た題材で書くときに再チャレンジしたいところです。

 

そして次回作などを考え始めました。

いくつか候補があるのですが、恐らく近未来SF。

このブログを創り、カクヨムに投稿し始める前「小説を書こう」と決めてから、初めて創ったプロットです。

ですので、今改めて見直すと、とんでもない稚拙なプロットだったりして、ひとりで悶絶したりしています(笑)。

まぁ、それだけ成長したのだ、ということと思っておきます。

今は、改めてプロットを作り直している段階です。

近未来SFということで、色々資料にも当たらないといけなくて大変そう。

 

それでは今日はこの辺で。またあした!

[あわせて読みたいおすすめリンク]