「成長しない自分と成長している自分」【創作日記092319】

小説投稿記創作日記

先日からこの「創作日記」や「投稿記」で、ふんわりと書いてきた資格取得の件。

別に思わせぶりにしていたわけではなく、最初にも書いたように「TEXT FIELDではそのコンテンツを扱わないこと」と「それを公開するときにリアル知り合いに知らせるかどうか?」という点で「どう書いたものか?」と悩んでいたわけです(TEXT FIELDは家族以外には知らせていませんので)。

でもよくよく考えると、そんな心配は必要ないことに気づきました。

スポンサーリンク

資格の話

まず最初に資格の話をしておくと、取りに行っているのは「普通自動二輪免許」つまりバイクの免許です。バイク自体は随分前から「乗りたいなぁ」と思っていたものの、諸般の事情によりずるずると免許を取得することができませんでした。

で、一念発起し取りに行くことにしたわけですが、その免許取得の過程や晴れてバイクに乗り始めたときに、色々なコンテンツをブログや動画などで公開しようと思っているわけなんですよね。そして前の創作日記でも書いたように「そのブログやらYouTubeチャンネルなどをリアル知り合いに教えるべきか?」更に「ここと繋げるべきなのか?」という部分が決まっていなかったわけです。

私自身は「しろもじ」という人間が、どういう容姿でどういう声でしゃべってどういうおっさんなのかを知られるのが嫌だというわけではありません。ただTEXT FIELDと小説執筆は匿名を条件で始めてきたので、その辺りはちょっと注意する必要があるかな、とは思っています。

ただ冒頭に書いたように、よくよく考えてみると「TEXT FIELDとバイクブログを繋げる」としたら、いずれ分かることですし「TEXT FIELDとバイクブログを繋げない」としても、取りに行っている免許がバイクであると書いても問題ないというわけですね。

始めっから気づけよ……という感じですが、まぁ余程疲れていた模様(笑)。

肉体的能力の低下を再確認する

それでバイクの免許を取りに行っている話に戻りますと、いい歳したおっさんがバイクの免許を取るというのは、人によりけりだとは思いますけど、まぁなかなか大変なものです。昨日の投稿記で書いた「頭では分かっているけど」ということばかりです。

私自身は四輪の免許を取ってから20年以上。ほとんどMT車に乗ってきました。なのでクラッチの操作の違いはともかく、感覚自体はATに乗り続けている人よりも熟練しているはず……だったのですが、理想と現実の間には大きく深い谷があり、端的にいえば「エンストフェスティバル」です。

ただこれは3時間目ほどになってくると、ほとんどなくなってきました。毎回教習の最初の方は戸惑いますが、段々慣れる時間が早くなってきているように思われます。ふふーん。

なんて調子に乗りたいところですが、実際のところそれ以上に問題があって、一番困っているのが「一本橋」です。金曜日夜に行った教習でようやく「3回に2回は落ちない」という精度になってきました。教官によると「スピード落としすぎ」だそうです。

普通自動二輪での一本橋は「7秒以上」というタイム設定があるので、それを気にしすぎていた模様。普通に乗ればまず落ちません。ただそれでは最終的にダメなので、ここはもう少し練習が必要なようです。

それ以外の場面でも「アクセルオフ、ブレーキをややかけながらの直進時」には、どうしても車体がふらついてしまいます。もちろん二輪という特性上、アクセルオンの方が安定するのは間違いないのですが、ここまでふらつくのはどうしてだろう……と考えてみて、どうやら結論としては「肉体的に劣ってきている」ということが原因のようです。

元々それほど運動神経の良い方ではありませんが、バランス感覚においてそれほど劣っていると認識できるような人間でもありませんでした。なので、単純に加齢のせいでしょうね……これは。

成長しない自分と成長していた自分

金曜日に教習を終え「土日は?」ということになるのですが、あまりにも肉体的に疲れて果ててしまったことと、家の用事もあることから土日月と三連休をさせてもらうことになりました。金曜日の夜は結構テンションが上っていたので、余程嬉しかったようです。

で、明日から新しいコースに入っていくということなのですが、土曜日に「まぁ明日でいいや」日曜日に「今日は止めておこう」今日月曜日には「どどど、どうしよう……」と現実逃避して、今(月曜日晩)に至ります。

昔から「嫌なことは後回しにする」という性格だったのですけど、この歳になってもまだ治っていません。先にやっていれば後に楽できるのに……とは、これも「頭では分かっているんだけど」という部類の話かもしれませんね(ただのダメ人間だともいう)。

こういうような「成長してないよな」ということを実感する出来事があると、とても落ち込みます。これまで何してきたんだろう、と呆れてしまいます。本当に私は何十年も成長できていないんじゃないかと思ってしまいます。

でも実際には、バイクのクラッチ操作が問題なくできるようになったり、一本橋も何となくコツを掴めてきたりしたように、何かしら成長はしているはずなんですよね。人間って上手くいっていることには気づきにくく、思い通りに行かないことばかりに注視してしまう生き物ですから。

……と思いたい、と強く願う休日最後の夜です。

コース、覚えます。

[合わせて読みたいおすすめリンク]