WordPress5.0【Gutenbergエディタ】【ブロック概要】

2018年12月13日小説家のためのブログ運営WordPress

WordPress5.0から導入された、新エディタ「Gutenberg」。

色々解説していこうと思っていますが、今後行われるであろうバージョンアップの関係もあり、まずは基本的なところだけを順にやっていこうと思っています。

今回はGutenberg最大の特徴である「ブロック」についてです。

全てを詳細に語るのは、とても大変なので、今回は「ブロックとは何か?」「ブロックの追加方法・削除方法」などをサラッと見ていきましょう。

スポンサーリンク

ブロックとは何か?

従来型のエディタからGutenbergに変わって、一番ややこしいのがブロックという要素だと思われます。

だるま落としをご存知でしょうか?

あれは積み木をハンマーで落とすゲームですが(ゲームなのかな?)、あれにイメージ的には似ています。

ひとつの積み木がひとつのブロックです。
ブロックには、文章ブロックだったり、写真ブロックがあります。

WordPress5.0以前のエディタ(Old Editor)では、ひとつの編集枠の中に、文字や写真を貼り付けていく感じで構成せていきましたが、Gutenbergでは文字通りブロックを積んでいきます。

ややこしいのは「1つのブロックは1つの要素しか入らない」ということです。
中には「写真+テキスト」のようなブロックもありますが、基本的には文章ブロックには文章だけ、写真ブロックには写真だけが入ります(キャプションという形で文字は入りますが)。

表もリストも、YOUTUBEの埋め込みも、改ページも、すべてひとつのブロックとして扱います。

具体的に見てみましょう。

まず新しい記事を作成すると、下の画像のようになりますね。


赤い枠部分にはタイトルが入ります。タイトルだけは特殊で、これは消すことができません。

その下の黄色い枠の部分。初期段階では「段落ブロック」になっています。

「段落ブロック」はテキストを入力するものであり、今ここに書かれている文章も「段落ブロック」の中に記述されています。

デフォルトで「段落ブロック」になっているので、文字を打つ際にはあまりブロックを意識しないでも良いのですが、ひとつだけ注意するとすれば「エンターキーを押すと、新しい段落ブロックが生成される」という点です。

テーマにもよりますが、殆どの場合は段落ブロックと段落ブロックの間には1行ほどの空白が入ります。
このように段落ブロック内で改行する場合(空行を作らない場合)は、「Shift+エンターキー」で改行すると、同じブロック内にまとめることができます。

ブロックの追加方法

段落ブロック以外のブロックを追加するには、以下のアイコンをクリックします(正確には段落ブロックも以下の方法で追加できるのですが、いきなり文字を入力すると自動的に段落ブロックになるため、このような書き方になっています)。

これは一番下のブロックにカーソルを当てると、その左側に表示されます。
もしくは上のツールバーにも表示されています。

アイコンをクリックすると、ポップアップ表示でブロックの選択ができるようになります。

はじめに表示されるのは「よく使うもの」です。

段落ブロックのうち、最近使われたものや頻繁に使っているものが表示されます。
全てのブロックを見るには、下にスクロールします。
種類別にまとまっているので、右上の矢印アイコンをクリックすると、メニューの開閉ができます。

ブロックの消去・複製

ブロックを消去するには、ブロックを選択したときに上部に表示されるメニューから「ブロックを削除」することで行えます。

誤ってブロックを消した場合は、トップツールバーある「取り消し」をクリックすると、1行程戻すことができます。

同じメニューで「複製」を選ぶと、同じブロックを複製することができます。

「画像」「見出し」「オールドエディタ」の追加はショートカットがある

頻繁に使うであろう「画像ブロック」「見出しブロック」「クラシックブロック」については、空ブロックにカーソルを置くと右にショートカットが表示され、ここからでも行うことができます。
【訂正】どうやらよく使うブロックが表示される模様です。デフォルトでは上の3つのブロックが表示されているものの、私が頻繁に使う「50pxのスペーサーブロック(保存したブロック)」が表示されるようになりましたので、使用回数などに応じて変更されるようです。

左から順に「画像ブロック」「見出しブロック」「クラシックブロック」になります。

ブロックの変換

また、ブロックは他のブロックに変換することもできます。

ブロックを選択した際に出てくるメニューの一番左には、そのブロックのアイコンが表示されています。

例えば段落ブロックのアイコンをクリックすると、以下のように変換候補が出てきます。

今まででしたら「文字を打って、それを選択して、見出しへする」というのが、ボタンひとつで可能になったので、ちょっとだけ楽になったと言えるでしょう。

複数のブロックを重ねていくことで、記事が完成する

実際に記事を作成する手順を見ていきましょう。

まずはタイトルを入力し、序文を書いていきます。

段落を積み上げながら、文字を入力していきます。

最終的にはこのようになっていきます。


赤いのが「タイトル」。黄色は「段落ブロック」です。
紫は「クラシックブロック」で、青いのが「見出しブロック」。
緑は「画像ブロック」です。

こんな感じで、ブロックを積んで記事を作っていくわけですね。

ブロックになって捗ること

ここまで読んで、恐らく「でもさ、ブロックって恩恵全然ないんじゃない?」と思われたのではないでしょうか?

一見、面倒くさくなっただけのような気もします。

現状では確かに色々問題もあって、個人的にもどうかなぁと思うこともあります。

【関連記事】

ただ、良くなった部分、捗る部分も確かにあるんですよね。

それが「ブロックを保存しておいて、使い回しができること」です。

ブロックを選択し「詳細設定」のアイコンをクリックすると、以下のメニューが出てきます。

この中の「再利用ブロックに追加」。これで、そのブロックを保存しておいて、他の記事で再利用することができるわけなんですよね。

例えば、当サイトでも最近末尾に挿入している「記事ジャンルの一覧」なんかは、前はLuxeritasの「定型文」の機能を使っていたのですが、この前からこの「再利用ブロック」に変えました。

他にも表やリストも保存できますので、他の記事で参照したいブロックは登録しておくといいですね(詳しい使い方は次回以降に。そんなに難しくはないです)。

それ以外では「ブロックの移動ができる」という点。

ブロックにカーソルを合わせると、左側にこんなアイコンが表示されます。

真ん中の「…」みたいなのをドラッグしてもブロックの移動が可能なのですが、やややりにくい。
上下の矢印をクリックすることで、ブロックをひとつ上、ひとつ下へと移動できます。

人によっては「誰得」な機能かもしれませんが、私は結構便利だなぁと思ったんですよね。

小説執筆ソフトの「Scrivener3」にも欲しいくらいです(笑)。

とりあえず書き殴って、あとで構成を考えるという人にとっては、便利だと思います。

まとめ

新しいものはやはり難しい。
難しいから、前の方が良いとなりがちです。

でも使ってみると案外「あれ、これ良いな」という機能があったりするんですよね。
Gutenbergに関しては、まだまだブラッシュアップしないと厳しい面も多いのは確かです。

時間がないときには面倒くさくて、クラシックエディタを使いたくなりますよね。
当面はそれで良いと思います。

時間に余裕が出たときに、ちょっとずつ触ってみるのがいいのではないしょうか。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]