毎日ブログを更新する上で、ネタ切れを起こさない具体的な方法

小説家のためのブログ運営ブログ

こんばんは、しろもじです。

TEXT FIELDでは「小説を書く人はブログを持とう」ということを事あるごとに言っています。

代表的な記事がこちら。

とは言え、小説をメインに据えたブログだけでなく、他の趣味や興味のあること、知識・経験のあることであれば、そのブログでも構わないと、私は思います。

 

ところでブログを開設すると、一番困ることのひとつに

「開設当初は良かったんだけど、数ヶ月すると書くことがなくなっちゃった」

というものがあります。

いわゆるネタ切れです。

 

今日は、それを解消するための一助になるかもしれない記事になります。

そもそも何故ネタ切れが起こるのか?

新しくブログを始めるとき、ほとんどの人は「頑張ろう」と思って始めるはずです。

でも、よくあるのが「1ヶ月は頑張れた。2ヶ月目に更新がまばらになり、3ヶ月目にはほとんど更新しなくなった」というパターンです。

もちろん「急に仕事やプライベートが忙しくなって時間がなくなった」という理由もあるでしょうけど、その多くは「書くことがなくなった」というのが原因になるのかなと思います。

つまりはネタ切れです。

 

実は以前、似たような記事を書いています。

この記事では、ブログを「分類」と「書き方」に分けて考えていました。

この分け方というのは、別に決まったものではなく、あくまでも書き手が困らないように整理して考えるというものです。

記事の中でブログの種類を「トレンド型」「特化型」「趣味型」「日記型」と分けました。また、書き方についても「解説型」「オピニオン型」「体験型」と整理しています。

 

本来、これらはひとつのサイトの中にあったとしても、混在していいはずなのですが、ブログを始めようと思ったとき「これをやろう」と目標を持ってしまっている場合には、それに固執してしまうことがあります。

「書いている小説の裏話を体験談的に書こう」と思えば、小説が進まなければ、ブログも書くことができませんし、場合によっては似たような話ばかりになってしまう恐れもあります。

「新刊の小説を紹介するブログをやろう」と思っても、それは新刊の数に左右されますし、時には「あまり好きじゃない小説」でも紹介しないといけないこともあるでしょう。

 

そういったように、ブログ立ち上げのときの「信念」は、大切ではありますが、時として邪魔になってしまうこともあります。

また、ブログの書き方などで検索してみると、たくさんの記事を見ることができますが、その中には「特化型が一番良い」と書かれたものがあったりします。

それ自体は間違いではないとは思います。

私たちがサイトを訪れた際、同じジャンルに特化されたサイト(ブログ)であった場合の方が、よりブックマークしやすく、再来訪する確率が高いのも確かです。

また特化型は、Googleによって「専門サイト」と認識され、検索結果で上位を獲得できる確率も高くなります。

 

そう言った意味では特化型が優れているのは確かです。

しかし、いくら自分が好きで得意なジャンルと言えども、書くことには限りがあります。

どれほど奥深く、幅の広いジャンルであっても、いつかは書くことが枯渇してしまいます。

特化型は、ある程度の記事を書いたら、後はリライトをして最新情報に更新するくらいで、放ったらかしにするようなブログです。

それはそれで良いのですが、ここでは「更新を続けていく」ことを目的としていますので、合致しません。

 

個人的には、他の分類(トレンド・趣味・日記)であっても、それは免れない問題だと思っています。

ネタ切れを起こさないためには

上のリンク先でも書いたと思うのですが、結局は「ある程度ルーズにブログを構成する」のが一番だと思います。

要は「ごちゃごちゃにする」ってことですね。

トレンド・特化・趣味・日記全てを書くくらいで良いと思います。

 

これも前回の記事で書きましたが、このTEXT FIELDも随分さまよった挙げ句、そういう構成になっています。

Amazon(Echo)などでトレンドやHow toをやって、「小説講座」「小説化のためのブログ運営」などで特化をやる。「読んでレビュー」で趣味のオピニオン。「投稿記」で日記、という感じです。

 

本当は、例えば「小説講座」などだけで、365日書き続けられれば良いのですが、まぁ実際にそれは無理でしょう(笑)。

よほど小説を書くことに精通して、小説を書くことが三度の飯より好きという方でも、難しいと思います。

ブログはセレクトショップのようなもの

考え方によっては、ブログはセレクトショップのようなもの、と言っても良いでしょう。

ガチガチの特化サイトで、その分野で一番のサイトになるんだ、というのならちょっと方向性は違ってきます。

そこは考え方の違いだと思います。

 

私がこのサイトで提唱しているのが「小説家はブログを持った方が良い」ということです。

「小説家になろう」や「カクヨム」などに投稿している場合、そこでの交流はできますが、例えば他のサイトに投稿を初めた場合などでも、基幹となるサイトがあればスムーズに告知をしたりすることができます。

もちろんTwitterなどのSNSでも代用できるのですが、現段階ではまだブログなどのメディアの方が良いのかな、と思っています。

 

そういう意味合いでブログを作るのであれば、特化型などにしないで「あなたの好きなものを好きなだけ書けば良い」と私は思うわけです。

あなたの好きなものが、ブログを見に来てくれた方の好きなものと一致すれば、あなたのブログのファンになってくれるでしょう。

 

ですので、販売されている小説の書評を書くも良し、小説を書く上で悩んでいることを書くも良し、自分が得ている知識を広めるも良し、今日の晩ごはんについて熱く語るも良しなのです(笑)。

例えば小説ブログならば

「小説」についてのブログをする場合で、具体的に考えてみましょう。

マインドマップのような書き方をすれば分類しやすいですが、そこまで凝る必要もありません。

「自分で書いている小説」

  • 小説の投稿報告
  • 自分の小説で悩んでいることなど
  • 公募に出してみた経験談

「市販されている小説」

  • 書評
  • 新刊案内
  • おすすめ小説

「小説を書いている人に向けて」

  • 小説の書き方
  • 自分の小説のPVなどのデータ
  • 投稿サイトなどの使い方
  • コンテストや公募などの情報
  • 小説を書く上で使っている機材やソフトウェア

あくまでも例ですが、このようにどんどん細分化していけます。

「小説を書いている人」というくくりでも「小説を書きたいと思っているけど、まだ書いていない人」「小説を書き始めたばかりの人」「そこそこ長く小説を書いている人」「ベテランさん・プロ作家さん」などに分けられますし「趣味で書きたい」のか「プロになりたい」のかでも変わってきます。

更に言えば「小説のジャンル」や「書いている人の年齢層」「読者の年齢層」でも分けることができるかと思います。

 

そういう人たちに向けて「何が知りたいのかな?」とか「こういうの面白くない?」など、考えていけば、ネタ切れなどなくなると思いませんか?

小説化を目指している皆様なら、きっと枝葉を伸ばしていくことができることでしょう。

なんて、偉そうに書きましたが、それくらいしないと大変、というのが体験談だったりします(笑)。

ブログに書くことで気をつけたいこと

そうは言っても、何でもかんでも好き勝手に書いて良いのか? と言うと、そうではないとも思います。

まず一つ目が「書く内容には気をつけること」。

これは以前記事にしました。

ある意味、個人的に思っていることなので、全てが絶対にダメというわけではありませんが、書く場合には気をつけておきたいところです。

 

また「好きに書くとは言え、振り返って整理整頓はしていこう」ということ。

何でも書いて良い。

でも、時々自分の書いた記事を振り返って「これは要らないなぁ」というものは、今後書かないようにしていく、というのも大切です。

その指標のひとつになるのが「Google Analytics」などを使っての「読まれている記事を見つける」ことです。

あまりに読まれていない記事をどう判断するのかは難しいところですが、例えば長期に渡ってアクセス(PV)の低い記事は、見に来てくれている方との親和性がない可能性があります。

 

先程「ブログはセレクトショップのようなもの」と書きましたが、いくらセレクトショップでも、全く売れない商品ばかりは仕入れないですよね?(笑)

そういう意味で、あまりに需要のない記事は、すこし考えてみる必要があるかと思います。

別に「もう書くな」とか「削除しろ」ってわけではありません。

「内容が難しかったかな?」「タイトルがいけないのかな?」「書き方を変えてみようかな?」などと考える必要があるということですね。

まとめ

最後にひとつだけ。

以前にも書きましたが「誠実なブログを書く」というのは、本当に大切なことだと思います。

上で「ブログを見直す」と書きましたが、これは「見てくれた人がどう思ったのか、真剣に考える」ということです。

「タイトルにインパクトがなかったから」と、釣りタイトル(内容が充実していないのに、人目を引くようなタイトルをつけること)を付ければ、一時的にPVは増えるかもしれませんが、長い目で見ると折角来てくれた人を裏切ることになります。

 

ブログの話題でよく耳にすることがあります。

「芸能人のことを書いたブログで『◯◯の年収は?』『◯◯の恋人は誰?』みたいな興味の引きやすいタイトルをつけて、本文で「結局調べても分かりませんでした」という落ち」

そんな記事は、意外とPVを稼げたりするので、一時的なモチベーションアップにはなりますが、結局は信用を失ってしまうことになります。

 

もちろん、全てに精通し、完璧な記事を書くというのは難しいことかもしれません。

でも、できるだけ誠実であること。それは最低ラインだと、私は思います。

 

今日も最後までご覧頂きまして、ありがとうございます。

それでは、また、明日!