長編と短編、もしくは掌編|『きみとぼくのダンジョン再建記』第65話投稿のお知らせ

小説投稿記カクヨム

こんばんは、しろもじです。

『きみとぼくのダンジョン再建記』第65話「逃げて」をカクヨムに投稿しました。

今週(先週かな?)は、カクヨム3周年記念のアレに振り回された1週間でした。

スポンサーリンク

長編と短編、もしくは掌編小説

アレとは当然「カクヨム3周年記念選手権」のことです。振り回されたと書きましたが、進んで書いただけなので、カクヨムからすれば「お前が勝手に振り回されたんだろう」という思いかもしれません。

※カクヨム3周年記念って何? という方はこちらの記事をどうぞ。

3周年記念選手権の作品は1,200〜4,000字で書かないといけないので、長さ的には掌編にあたるのでしょうか?

数万字程度の短編や、十万字を超える長編は何度も書いたことがあるのですが、数千字クラスの小説は書き慣れていないんですよね。

Writone用に書いた『V・R』や『おとなの階段』がそのくらいでしたでしょうか(『僕がひとめぼれした彼女の秘密』はもう少し多く6,000字くらい)。

これらを書いたときも相当苦労した覚えがあるんですけど、今回はお題がある上に締め切りも短いということで、それはもうとても苦労しています。

ここまで4作投稿していますが、1作目の『ミラーの中のフクロウ』以外は、比喩ではなく「脳が加熱しているのが分かる」くらいに頭を使いました(とは言え、良作かどうかはまた別の話です)。

PCで言えば「CPU使用率100%」が続いているような感じです。アツアツです。

その原因は「4,000字まで」という文字数の規定があるせいです。

昔から文章を長く書くのは苦痛に思ったことはなく、どちらかというと冗長な文章を書く癖があります。

「なんでもいいから十万字の文章を書いて」と言われれば、時間はかかっても苦労なく書ける自信はあります(繰り返しになりますが、クオリティは別の話です)。

でも「4,000字で書いて」と言われると、とてつもなく苦痛なんですよね。

何が苦痛って「削るのが苦痛」なんです。

今回の4作品は、書き終えた段階でおおよそ6,000字から1万字の文章になっています。

これを4,000字に圧縮するために、エピソードを削ったり、冗長な言い回しを直したり、場合によっては書き直したりしていて、それがとてつもなく苦痛に感じます。

「苦痛の正体はなんだろう?」と考えていたときに、始めは「面倒くさい、折角書いたものを消したくない」のだと思っていたんですが、よくよく考えると「自分の文章がいかに稚拙で面倒くさい言い回しになっているのか」というのが見えてきたのが苦痛だったと分かりました。

書きたいように書きたいだけ書いているときというのは、どちらかというと快感を感じます。

ですが、そこから「必要ない表現」や「無駄なエピソード」を削っていったりして、軽量化していく過程というのは、そういう要らないものが見えてきます。

それが少し楽しく思えてきたのは、今回の収穫だったのかもしれません(ほんの少しですが)。

まぁ、そんなことを書いているこの記事が、そもそも冗長であるとも言えるのですが(笑)。

□ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □
今日も最後までお読み頂きありがとうございました!

小説執筆関連の記事は   →「小説講座
小説の投稿関連の記事は  →「小説投稿記
ブログ関連の記事は    →「小説家のためのブログ運営
読んだ本のレビューは   →「読んでレビュー
デジタルガジェット関連は →「デジタルもの

に、ありますのでぜひ合わせてお読み下さいね!

[合わせて読みたいおすすめリンク]